原作著:逢空 万太
原作イラスト:狐印

制作:XEBEC
原作未読

表示方法を「続きを読む」から全文表示にしてみました。どっちの方が見やすいとかの意見をコメント欄やWeb拍手に貰えたら嬉しいです。
感想は以下から


先に来ていたニャル子はクー子と再戦中。今回はクー子の嗜好を利用した頭脳勝ちとなったが、いつのまにあんな写真を撮ったんだか・・・そのうち真尋にバレて問い詰められそうだ。しかしクー子は勝っても負けてもやることは変わらないんだから、ある意味最強の立場かもしれないな。

母親の頼子とクー子を連れて行ったルーヒーの目的は次世代ゲームハードの開発に協力してほしいから。やはりシリアスな原因など欠片もなく、ムスコニウムも当然関係なし。引っ張って落とすのが定石だからね、まあ予想通り。
しかしXoth(ゾス)731はXboxが元ネタと思っていいのかな?ライバル関係としてあげているCCEのHS3はあからさまにSCEのPS3だと分かるが。そして作中で頼子に指摘されているようにゲーム機は性能が高い方が負けるという伝統があるからな、しかもソフトのDL専売は小売にケンカを売ることになるから難しい。ついでだけど、現実のゲーム機では、任天堂がDL販売も小売を間に入れることで流通からの反発を避けようとしているが、これも実際に導入されてからじゃないと何とも言えないな、概要だけ聞くと小売も消費者もあんまりデメリットなくいけそうに思えるが。(任天堂のDL販売への考えはここを参照

ゲーム機以外でもそうだけど、マニアやオタク側、いわゆる熟練者の考えだけを聞いていたら新規参入者が少なくなっていき、先細りになっていくから、そのバランスを考えることが大事だ。そういう視点から考えると、いわゆる信者寄りのゲーマーであるクー子や、ハードマニアな頼子に頼るという時点でマーケティング調査としてずれていたのかもしれない。

騒動が終わって、ハス太が一旦帰る。結局ハス太は頼子を連れていく目的を聞かされてなかったし、その目的もはっきりとは明かされなかったな。ルーヒーが予想した通り、こっちもゲームハード関係だったのかなぁ。別れ際に真尋の手を握ったりと相変わらずアピールを欠かさないのはさすがだが。またその時のニャル子の顔が敵対心を露わにしていて描写が細かい。

日常に戻って、余市健彦と暮井珠緒も誘っての海&旅館。大きく話に関わるでもないこの二人が、準レギュラーになっているが、第三者からの視点キャラという立ち位置でいいのかな。珠緒の方はジャーナリスト志望という動かしやすい性格付けをしているのだからもっと関わってもいいと思うが。
そして真尋と一緒の風呂に入るのを禁止させられたハス太が少しかわいそう。確かにラブ感情を持っている相手と一緒に風呂入れるのは怖いが・・・  男湯にも女湯にも入れないということで、『バカとテストと召喚獣』(大百科)の秀吉を思い出すね。あっちは「性別:秀吉」ということで分けられていたけど。
オチは夜這いということである意味名前通りの行動をしたニャル子によってなされたが、真尋が襲われて終わるとは少し意外だった。いつも通りフォークで刺されての叫びオチだと思ってたし。

アニメ『這いよれ!ニャル子さん』1話感想はこちら

↓よろしかったらクリックでランキング向上にご協力ください
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


←アニメ/アニメOP→←原作単行本