静岡県下田市が舞台のオリジナル作品
制作:サンライズ
ヤングガンガンにてマンガ版連載

感想は続きから
前回匂わせていた優香の恋心の行方。最初っから報われないなぁ。しかも相手の貴史は友達の紗季狙いときたもんだ。身近で見てる分紗季の魅力も理解しちゃうから納得してしまうのだろう。だから自分の方が良いと主張するのではなく、紗季になりたいと思ったのだろう。しかしお石様がこの思いを叶えてしまった。結局一人でも願い事叶うのかい、随分とお手軽になってきたなお石様。結果は精神の入れ替わりとベタながらも面白い展開に。こういう時の演技は見てて楽しいからな。

定番のボディチェックをする優香に対して、紗季は速攻で状況理解&犯人特定。だいぶ慣れてきているな紗季は。何だかんだで一番お石様に振り回されているからかな。やっぱり願い事の上書きは出来ないっぽいし。その上何故か夏海と凛子が入れ替わり。直前に凛子が夏海の腕掴んでるし、凛子が鍵なのか?何故腕を掴んだかはわからんが、自分も代わりたいって思うタイプには見えんし、優香のやりたいことをさせるための妨害かな?
そんな紗季をよそ目に紗季の体でメールしデートの約束を取り付ける優香。意外と煽るね凛子は。デート中は手を握ったり名前で呼ぶようになったりと結構良い雰囲気になる。けれども名前を読んでもらおうとして「紗季」としてデートしていることに気づく。悲しいかな、優香としてデートをしていても相手は紗季として見ているんだから、その向けられている好意は全部紗季に対してである。良い雰囲気になっていただけに、そこで現実を実感させられた優香の心境は相当複雑だろう。納得し諦めかけていた恋心がデートを経験してしまい、最後にまた諦めなければならないことに余計にギャップを感じたのだから。

結局キス直前に凛子が妨害して優香を連れ去る。貴史はこれ状況が理解できないだろうな。下手したらからかわれていたと感じてもおかしくない。まあ本人が納得して振られているならそれでいいけど、そのうち優香に軽く聞いてくるかも。「優香のおかげ」と書かれたし、一番関わりやすいだろうからな。優香は聞かれたら悲しく感じるか苦い思い出とするかは微妙なところ。今回でふっきれたようにも見えるし。

次回は凛子回みたいだが、優香に対して依存度がかなり高い理由とか描写してくれるとありがたいね。

アニメ 夏色キセキ 1話感想はこちら
アニメ 夏色キセキ 5話感想はこちら

↓よろしかったらクリックでランキング向上にご協力ください
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

←アニメ/マンガ版単行本→