復活一つ目の感想はこれ!


作者:高津カリノ  ヤングガンガン連載

感想は続きから
個人的に名(迷?)言である「兄弟姉妹ってのは、知られたくない過去知ってる上に親より長生き!!」がでてくるこの2巻。

小鳥遊の過去のトラウマ(?)を伊波が知られたり、相馬や残りの姉妹といった新キャラが出てきたりと舞台設定の構築が進んでいった感じ。

相馬は最初のこの神経質っぽい性格はどこにいってしまったのやら・・・ 性格自体は近いけど最初は腹黒さが強い印象 最近はかわい相馬さんのイメージが強い。しかしこの頃からすでにかわい相馬さんの前兆が出ていた。

相変わらずの轟と佐藤の関係もいいが、伊波のフラグの方もホントに少しずつだが建設されてきたのが面白い。

WORKING!! 単行本1巻感想はこちら
WORKING!! 単行本3巻感想はこちら