感想は続きから
・ONE PIECE
 若干ツンデレっぽい発言をしながらエースの処刑阻止を援護してくれたクロコダイル。それに対して、ドフラミンゴが自分の誘いは断られたのにそんな事をされて戦闘開始。ドフラミンゴの手を組むという提案は結構本気だったのか?セリフの!!や表情を見る限り怒っているように思えるが・・・ 
ルフィのところにはマルコが援護。青キジがガードしたってことはマルコも覇気を使えるということか。 
白ひげたちの方はまだ沈んでいた外輪船を仕様しオーズJrの力で船を地上に引き上げた。白ひげはかなり体力がやばくなっていそうだが、どこまで踏ん張れるか。あと白ひげの攻撃はなんか武器にオーラみたいなのを乗せていたがあれも悪魔の実の方の力なのか覇気系の力なのかはまだ分からないなぁ。
更にここでガープと元帥センゴクも出撃?ガープは能力者じゃなかったと思ったが、センゴクはどうだろう?0話で金獅子の時も戦闘描写はなかったがはたして・・・ 


・ぬらりひょんの孫
 場面がどうなっているのか分かりづらい感じがする。リクオの鏡花水月は2代目も使っていたとのこと。この場面で2代目の名を出すというのはどういう意図だろう?少しは追いついたということか?
さっさと勝負が決まってしまったが、この後どうするんだろ?まだ雑魚たちも残っているだろうし次回で全員撤退かな。


・バクマン。
当初想像していたより恋愛面の描写も結構多いな。個人的に言えばあまりこの作品の恋愛面は好きではないのだが。ただ中井さんは絶対失敗すると思う。前の雪の中頑張っていたのが何のために描写されたのか分からなくなるくらいひどい。
マンガの方は1位を獲得。このまま連載するのかな。


・PSYREN‐サイレン‐
弥勒たちの過去を知る男、射場。ファミレスで相談にのっていたのは一応過去の同僚か?いろいろ知りたそうな描写だが味方なのか敵なのかただのモブキャラなのかはまだ分からない。
射場の話を聞くためにジャックしようとしたが身体を改造しているためトランス系は効かないとのこと。だがそこは雨宮、ためらいなく肉体的に痛めつけて確保。この頃の弥勒は純粋だったのか、これも演技かまだ判断つかないな。